横浜にある金沢シーサイドサービスの地盤保証

10年過ぎたら誰も責任をとらない… そんな中古住宅のための地盤保証です!どこまでも正直にお客様にとっての最良を提案する、それが横浜市にある金沢シーサイドサービスのモットーです!

建物の価値と寿命に大きく関わってくる不同沈下・・・いつ起こっても不思議ではありません。 新築住宅の場合、10年間は地盤保証や建物の瑕疵保証がつけられますが、これまで中古住宅の場合、 何の保証もありませんでした。 ですので、築10年以上経っている住宅は何の保証もない状態なのです。

もし今このタイミングで建物が不同沈下し始めたとしたら・・・ 当然修復にかかる費用はすべて自己負担となります。 そのような事態にならないよう、横浜市にある金沢シーサイドサービスでは今お住まいの建物の地盤を調査し、新築と同様に 10年間の地盤保証を受けられる『中古住宅地盤保証』に入られることをお勧めします。

10年過ぎたら誰も責任をとらない… そんな中古住宅のための地盤保証です

横浜にある金沢シーサイドサービスの地盤保証はここが違う!

    1. 本当にちゃんと修復してくれるのか?
      不同沈下の原因解明は、なかなか難しく専門家の詳しい調査を待たなければなりません。 特に曖昧な保証制度では「これは免責だ」などと理由をつけて100%保証しないケースも多々あります。 当社の保証でも、天災(地震・津波)や戦争によって被った損壊については保証できません。 しかし、こと地盤に起因するものであれば、直ちに協会、 事故対策委員会が事故原因を調査し、その結果原因を解明し、 速やかに建物及び地盤修復計画を立てます。
    2. 当会社が倒産したらどうなるの?
      地盤保証とは「将来もし不同沈下により建物に不具合が出たらどうしよう」 というお客様の不安を一掃してあげるためのものです。 ところが、ほとんどの地盤保証は担当調査会社が倒産した場合は保証されません。 ですが神奈川県にある金沢シーサイドサービスの保証制度は、全国組織、一般社団法人 地盤保証検査協会が審査・登録・契約をしているので、 仮に担当した指定地盤調査会社・建物を建てた 工務店・ビルダーが倒産しても、何ら影響は受けず保証は10年間続きます。 横浜にある金沢シーサイドサービスの保証制度では、不同沈下が起きた場合には速やかに調査し修復します。 またバックボーンがしっかりしているので担当会社が倒産しても問題なく10年間の保証を受けられます。

保証の対象となる地盤・建物

    • 用途
      戸建住宅、店舗併用住宅、事務所、店舗
    • 対象面積
      1階床面積50坪(165㎡)以下
    • 階数
      木造は地上3階まで 非木造は地上2階まで 混構造はRC1階+木造2階まで
    • 構造
      木造、非木造(鉄骨・RC・PC)等、協会が認めた住宅及び建物

国内初!業界に先駆けて中古住宅であっても10年間の地盤保証を実施!

今住んでいるあなたの家が、これからもずっと安心して住めますように・・・それが横浜にある金沢シーサイドサービスの願いです。

戸建住宅(木造、階数3以下かつ延べ床面積500㎡未満のRC造等)、小規模共同住宅

ご利用になるタイミング
  • 新築時の10年間の地盤保証が切れたとき。
  • 住宅をリフォームするとき。住宅を転売するとき。
  • 地震や洪水などの災害で不安を感じたとき。
  • 近隣で大型造成工事や道路工事 ・ 河川工事などがあったとき。
  • 近隣で不同沈下が起きたとき など。

保証内容

万一、不同沈下(※1)が原因で当該地盤(※2)の損壊および当該地盤上の建物本体の基本構造部分の 損壊が発生した場合、建物・地盤で最高5,000万円(地盤のみ2,000万円)までの修復費用(※3)を保証します。

    • 建築・地盤保証で最高5,000万円保証
    • 内・地盤のみ保証で最高2,000万円保証
    1. ※1 不同沈下とは、建物主要構造部分の不同沈下量が1000分の5+αの比率を超えている場合を言います。 (α:建物事前調査(沈下測定調査)時に測定された不同沈下量)
    2. ※2 当該地盤とは、指定地盤調査会社から報告された地盤調査報告書で、協会の審査を受け適合と判断された地盤を言います。
    3. ※3 修復費用は、瑕疵部分の性能及び品質について、現状回復工事に係る費用とし、材料の品質等これを超える工事は含みません。

お申込みの流れ

お申込みの流れ

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県をエリアとする金沢シーサイドサービスの地盤保証はここが違う!

    1. 建物事前調査(沈下測定調査)
      現状の建物の傾きと建物の状況を調べます。 ※調査時には、建物配置図、建物平面図、基礎伏図が必要となります。 ※地盤調査、建物事前調査(沈下測定検査)は別途費用が発生します。
    2. 地盤調査
      現状の基礎仕様との相性を検討するために地盤強度を調べます。 調査にはスウェーデン式サウンディング試験を行います。
有限会社金沢シーサイドサービス